FX取引と通貨の関係


uuuer FX取引では通貨を銘柄にしており、二つの異なる通貨を一組のペアとし、外国為替市場の為替相場のレート変動を利用して、その為替差損益を求めていく投資取引になっています。

為替レートとは、互いに価値の違う二つの通貨の差を埋めるもので、それぞれの通貨を発行する国や地域の経済状況や国政動向、近隣諸国との関連性などにより秒単位で変動していきます。
この為替相場を読み解くためには、こうした複雑な事情に加え、それを売買している世界中の投資家の心理を鑑みる必要があり、こうしたものを読み解いていく為替相場の分析手法を「ファンダメンタル分析」と呼んでいます。

ファンダメンタル分析においては、様々な情報を集めて解釈していく必要がありますが、その最も有効的なものの一つに「経済指標」があります。
経済指標はそれぞれの国の経済事情、景気動向などを指数として表したもので、例えばGDPや景気動向指数、失業率、貿易統計など様々な種類があり、定期的に発表がされています。

各種統計に影響されやすいトレード法としてハイローオーストラリアのバイナリー取引というものがあります。

こうしたものは数も多くまたその更新の回数も多くあるために、例えば自分が取引を行っている国の経済指数をすべて網羅することだけでもかなりの作業になり、中にはそうした情報を入手すること自体が難しい国もあるために、現実的とは言えません。


まずは、たくさんある経済指標の中から自分が着目する項目を選らび、それを追いかけていく事から始めてみましょう。
同じ指標でも、時系列を追いかけていく事でその流れが分かり、それを実際の為替相場の変動を絡めていくと、そこに因果関係があるのが見えてくると思います。
これができたら、また一つ、また一つと追いかけていく経済指標を増やしていき、その中であまり重要ではないものは、切り離すなどして精査を繰り返していけば、すべての情報を得る必要もなくその要点を抑えることができるようになります。

もちろん、こうした経済指標はあくまで目安になる、というものでしかありません。
指標がこうなっているから為替相場は必ずこう動く、という解釈をしてしまうと、大きな誤認を招く可能性もあります。

例えば、かつて日本の貿易収支が大きく黒字方向に進んだことがありました。
こうした場合は、本来であれば米ドル建てで得た利益を円に替えるために、円高になることが常識となっています。
しかし、この時の米ドル対円の為替相場は、実際の動きとして急激な円安へと推移してしまいました。

実はこの時に、貿易収支の黒字とは違う方向で、円安を誘導するような相場状況が出来上がっていたのです。

当時の円は大変に金利が低く、これに対して米ドルの金利は高くなっていました。このことにより、世界中の投資家たちが利益を得る好機とみなして投資を一斉に行ったのです。
金利の安い通貨を売って金利の高い通貨を買い、その金利差をもって利益を得ようとしたのです。
このことにより、円に対するキャリートレードが始まり、円を借りてそれをどんどんと売っていき、米ドルを買って保持することで資産を増やそうという動きが進み、本来であれば貿易収支による黒字から円高になるはずの為替相場の力を圧倒的に上回り、円安の状態へと変動させていったのです。

このように、一つの項目だけに注視してそれを妄信してしまい、全体の流れを掴むことができなくなってしまえば、大変危険な状態になるという可能性もあるのです。

ファンダメンタル分析は、様々な状況を包括的にとらえて読み解いていく事が目的になりますので、できるだけ広く鮮度の高い情報を得え、それらを結び付けて考えられるようにしていく事で、その精度を上げることができるようになるでしょう。