FX取引業者の手数料


uuuer FX取引を行うためには、FXを取り扱う取引業者と顧客である投資家との間で契約を結び、取引専用の口座を開設して、そこに証拠金などを預け入れる必要があります。
この口座の開設手数料や、一回ごとの取引きに掛かる手数料などは取引業者の任意となっており、これをどれだけ低く抑えるか、という事が取引業者の顧客獲得のうたい文句の一つとなっています。

現在のFX取引において、取引業者が顧客に対して引き下げ、もしくは無料化を行っている主な項目には、取引手数料や口座開設料、口座維持費用、スプレッド幅といったものが挙げられます。
多くのものがほぼ無料化で固定化さている流れの中で、このうちのスプレッド幅については、いろいろな業者がその扱いについて模索状態に入っており、今後の動向が気にされています。

スプレッド幅とは、為替レートにおける売値と買値の差のことを指しており、例えば「1ドルが100.05円から100.30円で取り引きされている」というような場合であれば、売値である100.05円と、買値である100.30円の差幅の00.15円の事を言います。
このスプレッドの幅は、取引業者の手数料として徴収されることから、コストの一種として考えられています。

まだ取引手数料などが取引業者のコスト削減の攻防の対象となっていたころには、このスプレッド幅については手が入っておらず、広いスプレッド幅を設定していることが当たり前でした。
しかし、顧客獲得のためのコスト削減が進み、各手数料の無料化が当たり前になってしまったため、このスプレッド幅が狭められていったのです。


現在でも、こうした傾向は大きな流れとして続いていますが、取引業者にとってはやはり収益が少なることにつながります。
例えば米ドルと日本円、米ドルとユーロといったような人気の高い通貨の組み合わせにおいては、ごくわずかなスプレッド幅を設定し、その分の利益を他の通貨の組み合わせで広幅を取って調整するなどの策を用いている業者もおり、現在では、少しずつこのスプレッド幅を広げていく業者も表れ始めています。

このスプレッド幅を回復させていく傾向の背景には、やはり昨今の為替相場の不安定さなどや、顧客である投資家の新規参入数が少なくなってきたということも影響していると考えられています。
顧客の注文を直接市場に仲介するのではなく、市場との間に入って、顧客と取引業者とでの相対取引を行っている国内のFX取引業者にとっては、このような相場の不安定さや顧客の少なさは、根本的な収益の低下につながるため、扱いの難しい問題であると考えられます。

顧客である投資家には、今後このスプレッド幅の一件も含め、各種手数料の問題についても取引業者の動向を見守っていく必要があるでしょう。